« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月30日

妖精女王&黒い剣士

メルセデス編とオズワルド編をクリア

魔王軍と妖精軍の戦いが妖精サイドから面白かったねぇ
メルセデスは立派になりましたねホント
最後の説き伏せるシーンとかも良かった

オズワルド編も彼がどういう心境の変化でグウェンドリンの傍にいるようになったのかが分かった
ただ、ちょっと動機として弱くね?ってのがあるんだよね・・・
あんなに頑張って彼女を守り通したのにその後裏切られて(結局丸く収まるが)
何と言うか半端じゃない不幸キャラだな


メルセデスはなんつーか遠隔武器だけあって
上手い事戦うとほぼノーダメでいけるし(時間はかかるが)
HPの余りの低さに泣きそうになったが
そこは料理で補ったら後は攻撃力上げてかなり強くなったね~
雪山の中ボスバグベアとか楽過ぎてびびったわ
他の近接キャラだと苦手なんだよなぁ、うっかり近づきすぎちゃったりして

でも、ベリアル戦で奴を飛び越えられなかったり、近接系だと楽勝だったのが
やたら吸い込まれたり、HP低いのが災いして落下してくるゴミやらでさくっと逝ったりと
思わぬ苦戦を強いられたなぁ


で、オズワルドだけど・・・
基本的な性能、HP、移動力、ジャンプ力等非常に高いんだけど
4連撃の最後がジャンプ切りで接近しすぎてると飛び越えちゃってスカったり
空中での特殊攻撃がない、ジャンプが早すぎて空中の敵を通り過ぎてしまう
バーサーカーモードは強力だけどすぐにPOW切れ起こすなど
なんというか扱い辛いキャラだった

ただし、吹き飛ばされない攻撃をしてくる敵にバーサーカーモードで突っ込むと
POWゲージ減っても敵の攻撃で回復するんで
相手が死ぬまで殴り続けていられるという恐ろしさ
Rポーション使っていればボスによっても楽勝でゴリゴリ削りきれてしまう


基本的に攻撃LVやHPLV上げをしないから
毎回最終章終わったあたりでどっちもLV30程度なんだけど
そのくらいが一番面白いね
これ以上強くなると敵が弱すぎてつまらなくなりそう
ギリギリの戦闘に勝つってのが好きなんで、普通に進めていると丁度良い感じのバランスになっているのは素晴らしいと思う


次はベルベット編だけど、何と言うか4連撃の最後隙ありすぎじゃね?
特殊移動とかホーミング攻撃とかあるけど
慣れてくると面白くなってくるのかなぁ
彼女のストーリーは今までのストーリーの裏側にあたると予想しているので楽しみだ

投稿者 zero : 08:30 | コメント (71) | トラックバック

2007年05月25日

ブライダルドレス

もうすぐ継承でポイントなくなっちゃうし
さくっと全色集めてみた


bi_20070525084051.jpg


bi_20070525084105.jpg


bi_20070525084117.jpg


bi_20070525084128.jpg


赤が一番似合うかな~、個人的には一番好きw
ノーマルもいいが
黄色はちょっと微妙だな

投稿者 zero : 08:55 | コメント (76) | トラックバック

2007年05月24日

キャラ特性

ちまちまと進めているので未だコルネリウス編2章が終わった所

コルネリウスを使っていて思ったのは
グウェンドリンの2段ジャンプが滑空状態になる特性は非常に便利だったなぁということ
というかあれになれすぎてコルネリウスの2段ジャンプに最初慣れなくて
相手を飛び越えられず相手の目の前に着地→殴られるってのがあった

滑空状態で飛びまわれるグウェンドリンは比較的容易に相手の裏をとれて楽だったんだよね
滑空攻撃で相手をめくりつつ攻撃して着地後後ろから攻撃、と

対してコルネリウスは2段ジャンプからの回転斬り、というか烈空斬w
これが相手に当たった時に方向転換できたり
相手に当たった反動で相手を大きく飛び越えたりできるんで
それに最近慣れてきたところ
回転斬りを何発かあててからそのまま空中4連撃に繋げたり
これはこれでなかなか面白い
4連撃の4発目の当たり判定がグウェンドリンよりも短く出が遅い気はするが・・・


以下ネタバレもあり


まだ使ったことない主人公については
ボスとして闘った感じからいうと
メルセデスは空を飛べてボウガン?銃?による遠距離攻撃で
ベルベットはアンドロメダ瞬みたいな鎖を使って攻撃って感じかね
鎖使った特殊移動もあるっぽい?

オズワルドはどうなんだろうな
黒い影を身にまとった状態になって攻撃力アップとかあるのかね?
獲物が一番短そうな感じがするんだけどどうなのかなぁ


今やってるコルネリウスは
良くも悪くも真っ直ぐな感じなので、こういうキャラは嫌いじゃないね
どうにも不幸キャラな気配バリバリだけど

投稿者 zero : 10:33 | コメント (239) | トラックバック

2007年05月23日

オーディンスフィアとか

オーディンスフィアには5人の主人公がいるんですが
結構有名所な声優を起用しているわけです。
ここ数年フルボイス且つ有名所起用って多い気がするね


グウェンドリンの川澄綾子は前にも書いたセイバーとかVP2のシルメリアとか有名所が多いんで聞いたことあるんじゃないかと
のだめカンタービレのアニメ版ののだめの声もやってるね
妖精王女メルセデスの声やってる能登麻美子はペルソナ3の風花とかケロロ軍曹のモアとか結構聞くね
んで、ベルベットの沢城みゆきを凛はどっかで聞いたことあるっていってたけど、ペルソナ3のチドリとかローゼンメイデンの真紅やってる人なんだよね
俺もwiki見て知ったんだけどwww

後、オズワルド役の千葉進歩は脇役が凄く多くて・・・ぱっと思い浮かぶの無いんだが、SEED DESTINYのアマギ一尉とか・・・かな?
トダカ一佐の副官やってた人、マイナーすぎるか?w

コルネリウス役の浪川大輔はたぶん皆知ってる、いや知らなくても知ってる
ガンダム好きな人ならたぶんw
「嘘だと言ってよバーニィ!」のアルの声やってた人ww
wiki見てびっくり!12歳の時にやったらしい
大人になってからだとスターオーシャン2のクロードとか新約Zガンダムのカツとかかね


他にも結構有名所が出てるんだがどこかに正式に載ってるサイトがないものかな
声聞いてすぐわかったのが、死の使いの声が若本規夫だったw
あの声はちょっと聞けば一発で分かるね
ブリガンとかオーダインの声も聞いたことあるんだが思いだせん・・・

投稿者 zero : 11:12 | コメント (406) | トラックバック

2007年05月22日

オーディンスフィア

ぶっちゃけジャケ買いしました!

グラフィックやイラストがとても綺麗だったんで
それに惹かれて買って見たんだけど
どんなシステムかも全く分からなくて、実際やってみたらアクションゲームだったw

章仕立てになっていて
最初にイベントシーンがあり、その次に複数のステージからなるエリアを攻略し
最後にボス戦があってその後またイベントシーンという感じ
もちろんボス戦前にもちょっとしたイベントが入る
ベースが北欧神話なんで(思いっきりアレンジ入ってるんでかなり違うけど)
設定としてはど真ん中ストライクで大好きなのでストーリーはかなり楽しい

アクション部分は結構難しいとか言われてるけど
そこまでめっちゃ難しいってわけでもなく(でもまぁ難しい部類にはいるかも?)
ちゃんと相手の動きを見切ってやればそれほど難しいわけじゃないんだけど
独特のシステムがちょっとテンポ悪くしてる感じ
POWって言うゲージがあって、攻撃し続けるとゲージがドンドン減っていって
0になると少しの間動けなくなるという(敵の攻撃うけても治らない完全に時間経過のみの回復)
だから必然的にヒット&アウェイを強いられる

後様々なアイテムを合成してそれを上手く使うと大分戦闘は楽になる
必殺技というか特殊スキル(範囲攻撃や攻撃力2倍など)あるんだけど
それを使うには一旦スキル選択ウィンドウ開いて流れが止まるから
それも特殊スキルをセットしておいてボタン一発発動っていうタイプにしたほうが良かったんじゃないかなーって思った

後めちゃくちゃたくさんの敵が画面に出てくると物凄い処理落ちして
動きがスローになるのがね・・・
ちゃんとPS2のスペック考えて作れよって感じしたねぇ


不満点は多々あるんだけど、でもそれを補って余りある面白さがある
俺的に出てくるキャラがすごく良いんで、ドンドン先に進めたくなるね

以下ネタバレもちょいあるかも

全部で5人の主人公がいて、最初の主人公はワルキューレのグウェンドリン

この子がねーすごい良いのよ!
声をあててるのがFateのセイバーやってた川澄綾子だから
やってるとまんまセイバーって感じでw
でも、セイバーと比べるとどっちかというと誇りよりも愛を求める戦士って感じ
最初はそうはみせないんだけど、心の中では父親である魔王の愛情を求めていて
後半では自分の意思とは関係なく夫になった男に最初は反発してるんだけど
だんだん惹かれていってという部分がね
もうどうしようもなくクッサイ王道展開なんだけど、すごく良いんですよw

戦闘においては二段ジャンプをすると二段目が滑空状態になって
そこからの滑空攻撃をどう上手く使うかって感じかねぇ
通常攻撃は結構隙でかい気がする
4段まで連続するんだけど、4段目を当てないと相手を弾けないから
その途中は問答無用で相手の攻撃もくらうのよね・・・
恐らく全キャラそうなんだろうけど、そこが結構辛い
かといって4段目当てないと通常の威力低いしねー(これも全キャラ共通くさい)

とりあえずワルキューレの章は終わって
次は恋人に会いにいこうとしたら何故か呪いをかけられてプーカ(兎の獣人)の姿にされて死の国に落とされてしまった王子の物語

この王子がまた真っ直ぐな人で良い味出してます
二段ジャンプから攻撃をすると回転切り(テイルズの烈空斬みたいな感じ)で
一発一発の威力は低いけどこの攻撃で突っ込んでそこから空中四段切りに繋げて
さらに地上に降り立った所でまた連続斬りとかね


ストーリーの展開が各主人公バラバラで
それぞれの主人公が絡みあってるのが面白い
他の主人公がボスとして出てきたりするし
グウェンドリンが戦ってる頃別の主人公は何をしていたのか
ってのが分かって面白い
早く進めたいぜ!

投稿者 zero : 01:06 | コメント (126) | トラックバック

2007年05月15日

ギルド立ち上げ?!

と、いうわけで、コンチェルトゲートはたくさんの人とコミュニケーション取りつつやらないと
とっても大変なゲームっていうかつまらないゲームなんで
ギルドを作ろうかと!

で、偶然ギルドステーションなるサイトを見つけそこに登録したので
皆も是非是非登録して黒須家へ入団申請してください!

黒須家ギルドのページ

まずは新規登録をしてから上のギルドページにいって申請宜しくお願いします!
申請してくれたら俺から許可だすんで~

今のところ私の知り合いは来るもの拒まず!
ギルメンの誰かの知り合いでも全く問題なし!
ギルド黒須家をよろしくぅ!

投稿者 zero : 01:07 | コメント (323) | トラックバック

2007年05月04日

疲労困憊

このGWは本当に遊びすぎてヤヴァイ
ゴルフに2回行くとかちょっと頑張りすぎた
フットサルもやり、飲み会にカラオケに
心の休息はすれども体力的にキツイ州;´_ゝ`州

コンチェルトゲートはメンテばかりだし
FESをやってはいるものの
正直本編と違って学校といったテンポを変えるものがないんでダンジョン潜るだけだとダルイんだよね・・・

ペルソナ3が優秀だったのは各種学校関連イベントや
その他諸々のストーリーイベントがあったからこそ面白かったんだなぁと思った。

投稿者 zero : 20:59 | コメント (133) | トラックバック