« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月30日

「ゲーム熱」はなぜ突然冷めるのか

コチラの記事を読んでとても共感するものがあった。

最近ゲームに熱中しなくなったのは
この記事の中に出てくるグレッグ・シュウェル氏と同じなのかなと思っている。
俺にとってゲームは退屈を埋めるためのツールで
最近土日はフットサルをしたり友達と遊んだり飲みにいったりで充実している

つまり、退屈ではないからゲームをする必要がない

時々今回のワンダと巨像のような名作に出会えばのめり込むが
その熱が冷めるのもすぐだ
他に自分の退屈を埋めるものがたくさんあるから

後、熱が冷める原因として
「ゲームの背後にある仕組みまで見通せた気分になる。すると突然、これ以上時間を注ぎ込む価値はないように思えてくるのだ」
っていう言葉があった
確かにこういうこともあるよね
後、不満の蓄積ってのもある

俺の場合RPGが好きでクリアしたら終わりってのが良くあるけど
それ以外のゲームもどんなに熱中してもちょっと間が空くとやらなくなったりする
最近特にゲームに対して冷め易くなってる
別に困ることは何もないし、他にやりたいことあるんだから良いんだけど・・・
買ったゲームはちゃんとクリアしたいんだよなぁ
スパロボ・・・どうしよ?w

投稿者 zero : 00:08 | コメント (65) | トラックバック

2005年10月29日

ワンダと巨像クリア!

トータルでプレイ時間は10時間もいってないかもなぁ
けど、ぎゅっと濃縮されたプレイだったね!
最初から最後までいろんなパターンの巨像が出てきて面白かった!
一部グラフィックだけ使いまわしのもいたが
行動パターンと戦う場所が違うから全く別ものって感じだった

とにかく名作の一言が相応しいゲームだった!


EDは悲しいというか寂しいって感じだったなぁ
で、あぁなるほど、これがああなっていくのねっていう感じ

2週目要素はハードモードとタイムアタック
やっぱりきたかーって感じ
一拍置いてからタイムアタックチャレンジしてみるかな~

ハードは食い物とか使わないと厳しいっぽいから
タイムアタックで慣れてからやってみるか!

投稿者 zero : 15:17 | コメント (44) | トラックバック

2005年10月28日

死闘×4

当然と言えば当然なんだけど
段々巨像が手ごわくなってくる
自分ひとりじゃなくてアグロに跨って戦うシーンも出てきた

ついでにうっかり死亡してしまうことも・・・

さて、今回戦った4体の攻略を

まず亀タイプの巨像
ついにきたかという感じなんだけど口から遠距離攻撃をかましてくる
普通に走ってたんじゃ結構被弾しちゃう(前転すると避けれる)から
アグロに跨って相手の弱点を探す

探すんだけど見つからない・・・
というパターンの場合大体フィールドの何かを利用すると突破口が開ける

間欠泉が何箇所かあるので、上手くその上に巨像を誘導する
で、タイミングよく間欠泉が吹き上がると亀がバランスを崩すんだけど
そうすると片側の前後の足が上がって2本の足でバランスを取ろうとする
で、そのバランス取ってる足の裏がちらちら見えるんだがそこに弓を叩き込む!
そうすると亀がひっくり返って転がるから転がったところで
足→腹→甲羅と伝っていく
もたもたしてると元に戻っちゃうからなるべく早めに甲羅のところへ行く
で起き上がるのにあわせて背中の中央へ
後は頭部まで行って刺す!


次は闘技場のような遺跡にいる巨像
こいつも遠距離攻撃をやってくる上に吐き出した物体?が着弾するとその辺りに煙が充満する
その煙の中にいるとドンドン体力が減っていくから立ち止まるのは厳禁!
巨像は最下層にいるから少し上の階層の格子窓の隙間や壁が崩れて最下層が覗けるところから弓を討って巨像をまず挑発
そうしたらとりあえず逃げる、巨像は怒って壁をよじのぼってくるから
巨像の足を狙えるところに移動して足を弓で射る!
2本の足を討つと最下層に落下して腹の部分が見える
そこが弱点だから、腹によじ登って剣を突き立てる!
注意すべきは弱点を攻撃した後巨像が体勢を立て直した時にぼけっとしてると巻き込まれてダメージを食らう上にさらに尻尾攻撃で追い討ちをくらったりする
そこに気をつけないと下手すると死んでしまう


さて、今度は土の中を移動するワームタイプの巨像
ワンダの足じゃあっさり追いつかれてしかも2回攻撃くらうと昇天してしまうから
アグロに跨って敵をおびき出す
アグロで全力疾走して同じくらいの速度だから
常に×ボタン押しっぱなし!
で、弓を装備してL1を押して視点は常に巨像に
そして、巨像が近づいてきたら弓を引く
巨像が地中から顔を出して目が見えたら目を射る!
L1押しっぱなしにすると弓の照準が巨像に向くから少しだけ照準動かして目を討つといい感じ
この時気をつけたいのが弓を構えてると手綱の操作ができないからうっかり障害物にぶつかっちゃうと
アグロもろとも吹き飛ばされる!

目をいると巨像は暴走して壁にぶつかるから
壁にぶつかって止まったところをよじのぼって弱点を剣で突く!
アグロの操作に慣れておいた方が楽に倒せるかも


最後は今まで出てきた中で最小の巨像!
ってか巨像と呼んでいいものか・・・
サーベルタイガーというかバッファローというか
どっちかっていうと虎側かなぁ
当然巨像の中で最速
自分よりも動きは早くアグロは使えない
比較的狭いところでの戦闘を強いられる上に最初は弱点が見えない
まずは弓で威嚇すると一瞬暴走するのでその間にかがり火があるからその台の上に上る
すると巨像が突進してきて落とされるんだけど
一緒に棒が地面に落ちる
その棒を拾ってかがり火を叩くと棒に火がついてたいまつのようになる
巨像は火を恐れるのでたいまつを持ってじわりじわりと壁際に追い込むと
落下して背中の甲殻が外れ弱点が見える
そうしたら今度は高い位置からジャンプして背中に飛び乗って弱点を刺す!

振り落とされたら高い位置に移動して突っ込んできたタイミングにあわせて飛び乗って刺す!
これを繰り返せば倒せる!
攻撃力の弱い巨像だけど自ら段差を落ちたり前転を多様しないと
壁際に追い込まれて何度も攻撃食らうので注意!
痛くはないけど時間がかかるのがめんどくさい


と、まぁ今度もいろんなタイプの奴が出てきたわけだけど
どいつもこいつも戦ってて楽しかった!
弱点にたどり着くのが徐々に難しくなってきて
それに至る過程を発見するのも楽しい!
まぁあんまりにも時間かかるとヒントくれるんだけどねw

金土と忙しいから日曜にゆっくり続きをやるとしよう

投稿者 zero : 01:21 | コメント (476) | トラックバック

2005年10月27日

勢い余って・・・

ワンダと巨像更に巨像を4体撃破してもうたw
マジおもろすぎ!
ただこのペースだとあっさりクリアしそうではあるな~
2週目要素とかあるのかな?
まぁ今週中には余裕で終わりそうだし、ガツガツやるぜ!

追記(20:05)
4体の巨像について(ネタバレ)


さてさて
大分巨像退治も慣れてきたところで今度は馬タイプの巨像
相変わらず動きはとろいもののやっぱりでけぇ!
しかもぐるぐる視点を変えつつ、足の間すり抜けたりして相手の体勢崩せそうな弱点探したんだが
全く見つからない!

で、うっかり吹っ飛ばされちゃったから体力回復のために一時撤退
当然追ってくる巨像
仕方ないので古墳のような地下通路があったからそこに潜り込む
巨像が上を通ると土や砂埃が落ちてきて通路が潰れるんじゃないかと思った・・・
で、巨像の動きが止まったから入り口とは別の場所から出てみると
俺が入った通路の入り口の上にちょっと体勢かがめて立つ巨像
よく見たら尻尾がジャンプしたら届きそうな位置にきてる?!

猛然とダッシュして尻尾に飛びつく!
そして一気に相手の頭部まで駆け上がり剣を突き立てる!
偶然攻略法を見つけたおかげで結構あっさりと撃破


2体目はちょっと順番違うかもだがたしか湖にいる飛竜のような巨像
湖にちょっとした足場があるのでそこから石柱の上に止まっている巨像を射ると怒って突っ込んできた!
で、タイミングよくジャンプして巨像の羽にしがみつく
後は巨像の尾の部分の弱点に移動して剣を突き立てる!

予想通り弱点が移動したんだが・・・今度は羽に移動
これが辛かった・・・
当然飛んでるから旋回もするし羽もはためかせる
腕力ゲージマジでギリギリ!
羽の弱点攻撃したらさかさまになったりするし!
あえなく一度振り落とされ湖に落ちるワンダ

でも体力はある程度削れていたから2回目のしがみつきで腕力ギリのところで撃破!


その次は地下遺跡に潜む人型の巨像
地下の広場のようなところにたどり着いたらものすごい近くから現れてびびった!
弱点の位置はどうせ頭なんだろうけどとりあえず剣を掲げて弱点探そうと思って
光のあるところを目指す
途中何とかジャンプしてよじのぼっていけそうな壁が3つほどあったんでそれを乗り越えてたら背後から壁ごと巨像に吹き飛ばされる!
ありえねぇ!

自分の2倍以上の高さの壁も巨像にしてみれば人撫ででぶっ壊せる柵にすぎない
で、壁の破壊に巻き込まれつつ逃げてたら行き止まりに追い込まれる
巨像では侵入できないちょっと奥まった部分があったのでそこに逃げ込んだら・・・

巨像はワンダが奥にいるのをみつけると問答無用で腕を振り下ろす!
その衝撃で体力4分の1くらいもってかれるし!
で、その攻撃かわしつつ観察してたら自分がいるところを覗き込む時に腕をついてるのがわかった
で、覗き込んだ隙狙って腕にしがみついたら・・・


見事に振り払われますたwwwwwwwww


で、今度は巨像の髭にしがみついて一気に頭までよじ登る!
ここまで来ればこっちのものと剣を刺す!刺す!刺す!
弱点が移動したんで腹に移動してまた刺す!刺す!刺す!

ちょっと暴れ方激しかったけど何とか撃破!


そして今度は湖を泳ぐ蛇?のような巨像
コイツが厄介だった・・・
基本的に水中にいるもんだからわざと湖を泳いで誘い出すんだけど
この巨像には3箇所角のようなものが生えていてそこから電流が流れるんだが・・・
見事にワンダ感電
必死こいてしがみついたと思ったら水中深くにもぐり始めて息切れで振り払われたり

電流の方は角の近くの弱点を突いたら放電がストップしたんで
体力回復させて角付近の弱点を刺すってのを3回やって放電は止めて
後は必死でしがみつくのと湖面にでたとこでしがみつきをやめて腕力回復&頭部に向かってダッシュ!って感じで最後の弱点に近づいて
剣を突き立て撃破!

今までの7体の中で一番面白かったかもしれんw


さて、今日はどんな巨像が出てくるかなぁ

投稿者 zero : 01:14 | コメント (44) | トラックバック

2005年10月26日

ワンダと巨像

公式サイト

これを買おうと思った理由は

・圧倒的理不尽な暴力に成す術無く吹き飛ばされてみたかった
・巨大な敵を必死こいて倒してみたかった

なんて思って買ったわけですが
内容は至極単純

巨像を探す

弱点を探す

よじ登る

剣を突き立てる!

これだけ
物凄く単純なんだけど
『よじ登る』
これが面白い!
相手は自分の何十倍もの大きさの巨像!
その形も多種多様!
どうやったらよじ登れるかチャレンジして
相手の弱点のところまで辿りついて剣を突き立てる楽しさ!
油断するとあっさり振り落とされて体力をごっそり削られる
っつーか歩いてるところに吹き飛ばされても大ダメージ
殴られようもんなら・・・

いや、『殴られる』っつーか『叩き潰される』か

とにかくあまりに小さな自分の分身ワンダをどれだけ上手く操れるか
アクション苦手な俺には大変w

後ね、相棒の馬アグロも良い
アグロに跨って大地を駆け抜けるのも中々味がある
いろんな動作がリアルで違和感ないのもいいね

操作は結構簡単かなと個人的には思う
それとカメラ視点だけど普通の3Dのゲームだと自分が画面中央にいる場合が多いけど
このゲームでは自分は画面中央から左or右に少しずれている
大体画面を四分割するように縦にラインを3ついれたとしたら
その右か左から一つ目のあたりに主人公がいる
このカメラ位置が非常に見やすい
敵が巨大なだけあって自分が中央にいると自分自身が邪魔になって敵が良く見えなくなるところを少し画面の中央から主人公の位置をずらすだけでずっと見やすくなっている
これは地味ながら効果の大きい工夫だと感じた
後、それほどカメラワークは激しいわけじゃないので3D酔いしやすい人には多少はマシかも・・・?

とにかく今やるゲームが無いよ~って人には是非やってほしいね!


で、以下俺が倒した3体の巨像について(ネタバレなんで注意!)

最初の1体目はミノタウロスっぽい感じの巨像
マジね、崖を上ってちょっと操作慣れたかなぁって思った所で出くわしたんだが
あまりのデカさにびびった!
CMとか見ててでかいんだろうなぁって思ってたけど実際見たらヤヴァスギル!

膝裏あたりに弱点があってそこを剣で刺して膝をつかせたら
背中をよじ登っていき、頭にたどり着いたらとにかく剣を刺す刺す刺す!!
よじ登るのは足のあたりから普通に登っていけるので楽っちゃ楽だったんだが・・・

やはり初めてってことで慣れないせいもあって何度も振り落とされるわ
蹴られるは潰されるわで自分のセンスの無さを実感

だけど倒した時はおっしゃあ!って感じ
ちょっと剣刺した時にブシューーーって血みたいなのが出た時はびびったけどね・・・


んで、2体目
水牛?みたいな感じなんですが
つかまれるとこが見つからなくて必死こいて足にしがみつけないかジャンプを繰り返すも失敗
あげく踏み潰される州;´_ゝ`州

んで、よく見たら足の裏が弱点?!
後ろにまわって歩いてるとこで足が上がった瞬間狙って弓で射る!
で、痛がって体勢崩れて膝をついたところで足にしがみついて背に上っていく
背中を伝って頭までいって刺すところまでは一体目と一緒なんだけど
(一緒っていってもヒト型と四足歩行なんで全然違うんだが)
ある程度ダメージ与えたら弱点が消えた!
全然剣さしてもダメージ与えられないし、どういうことよ?!とか思ってたら
もう一つ弱点があるらしく、またしても弱点探し
またまた巨像の身体をしがみついて移動してもう一つの弱点を見つけてまた刺す!
やはし2体目だけあってちょっと手ごたえあったね
よじ登る時実は馬にまたがったところからジャンプすればいけたのか?とか思ったりもしたが、やる技術がなかったw

3体目は巨人
それ以外の形容の仕方がないw
右手が石柱のようで、動きがちょっとだけ今までののより早かった、っても遅いんだがw
足はやはり登れなかった
水牛タイプのように体勢を崩せる弱点があるかな?って探してみたけどないし・・・
で、走り回りながら考える・・・

『振り下ろした右手を駆け上るしかないのか・・・?』

奴は右手を振り下ろして攻撃してくるんだけど
地面に突き立てるパターンと
振りかぶってそのまま振り下ろすパターンがあって
どちらも攻撃して少しの間だけ硬直する
振り下ろした時は腕がまるで坂道のようになるから
硬直してる間に一気に駆け上がって二の腕部分にしがみつく!
その後身体をよじ登って頭に辿りついて刺す!
弱点が今度は腹の部分に移動するんで上手い事落下してはしがみつくを繰り返して移動して弱点にたどり着いたらトドメ!


まぁ最初の3体だけあって動作は緩慢だしやり易くはあった
一応まだ死んではいないけど今後どんなのが強いのが出てくるかわからんし
楽しみだ!

投稿者 zero : 22:47 | コメント (13) | トラックバック

2005年10月24日

信長の野望

思い出したようにプレイしては放置を繰り返してやっとクリア!
九州は島津に任せてあらかたおさえてくれたとこで同盟
関東東北に広がる武田を物量戦で確実に潰して終了

と、いった感じ

信長は後半内政とかとくにやる必要なく、とにかく数で押していけー!
って感じになっちゃうのがいかんね
まぁ、しょうがないんだけどさ
実際現実もそうだろうし
序盤~中盤が一番楽しかったなぁ

EDでいろんな戦の思い出を家臣が語ってくれて熱かったw
たぶん一番長くいて、尚且つ政治とか知略高い家臣が出てくるんだろうけど
俺の場合オリジナルで作ったぐりとチャンさんだったw

さぁ今週いよいよワンダと巨像の発売なのでゲームやる気をためておかないと!

投稿者 zero : 00:04 | コメント (24) | トラックバック

2005年10月20日

ふと思った

EQ2みたいな生産システムかつ完成品はクロゲように細かなばらつきがある(例えば攻撃力が60~80くらいの武器ができるとか)
そして、流通システムなんぞはなくてクロゲみたいな1:1の商売だと俺にとって最高なのかもしれん

戦闘は・・・
なんだかんだとFF11が面倒ではあるが面白かった
EQ2も多VS多で良かった

ステータスに関して言うと・・・
う~ん・・・
難しいな
ベルが良いのかなぁ
ただ、学校によるステータスインフレはいらんかも

装備のグラフィックとかはFF11良いよね
グラフィック面でFF11は一番だなぁ、EQ2は濃すぎた
背景とかは良いんだけどね
水の表現は文句なしでEQ2がベスト

フィールドはEQ2のように海の中潜れたりジャンプできたりっていうほうが
プレイする側としては楽しい

後、ベルアイルのようなアイテムが腐ったり熟成されたりってのは欲しいなぁ
装備は耐久性で!
買換え需要が無いと職人は廃れると思うんだよね
ただ、修理屋は欲しい
レア装備も特殊な条件で耐久回復できるといいなぁ
例えば鎧であれば職人が作成できる素材や鎧を複数用意して特定の人物に渡すと治してもらえる~みたいな

耐久性装備品の世界で残念なのはレア武器を手に入れてもそれをためらいなく使うことができないってことなんだよね
EQ2のようなシステムもありかもしれないが、あれはFF11と比べれば職人生産品の流通がうまくいくかもしれないが根本的な解決には至っていない

うーん、眠くなってきたんで今日はこの辺で
どこかにステキなMMORPGは転がってないもんかな~

投稿者 zero : 01:18 | コメント (28) | トラックバック

商売をしている気分を味わうには便利な流通システムはいらない

プレイヤーはとっても我侭だ
ゲームにリアルさや楽しさを求めると同時に便利さを求める
リアルにすれば面倒な手順が増える
便利にすれば味気ないものになる

じゃーどうしろっていうんだ!
こちらを立てれば向こうが立たず
それの繰り返し

現状どのMMORPGを見たって多くのユーザーを満足させる生産流通システムはなく
自分にあったものを探すしかない

だが、俺はあえてこう主張したい
最も優れた流通システムを有していたのは
そのシステムが存在しなかったクロスゲートであると

FF11の話をしよう
FF11には競売とバザーの二つがある
バザーの方はあえて語る必要もないが、各キャラクター自身が店となる販売方法
自分で一定の金額を設定し、他のプレイヤーがそれを購入するのだけど
バザー中も移動可能なのは、それができないMMORPGに比べ便利だろう
競売は競売所に自分の売りたいアイテムを自分が売りたい価格で登録する方法
一度に7つ(ベルで言えば複数所持可能なアイテムはダースor99単位で出品可)までしか出品できないが
非常に便利であると言える。
自分が売りたいアイテムの過去の販売履歴も最近の10回分の取引までは見れる
ジャンル分けもきちっとされているし、LV順や自分が装備可能なものでソートもできる
正直EQ2のブローカーと比べると圧倒的に見やすく使い易いと思う

とっても物が流通しやすくてすっごく便利
競売所の前はいつも人がたくさん

でも、そこに交流は無い

とっても味気ない
履歴やそのアイテムの価値から出品金額をある程度予想して何度か入札してみて落とす
ソレだけ

依頼して何か武具を作ってもらうこともあるだろう
でも頻繁にあるわけじゃない
商売人と直接面合わせて取引をする
そんなの3年間プレイして数えるほどだ
どれほどコアなプレイヤーでも頻繁にあるわけじゃない

バザーにしてもそう、たくさんのMMORPGで採用されてるバザー
購入者が出品リストを覗いて買っていく
出品者は離席してる事が多い、稀にまいどありー、なんて声かけられるくらい
そんなMMORPGの世界


さー、長い前ふりからクロスゲートの話
最初に言っとくけどクロスゲートに流通システムなんて存在しない
バザー?ナニソレ?
競売?ブローカー?そんなもんしらねぇよ
クロスゲートの商売はトレードオンリー

そう、どのMMORPGにでもあるトレードシステム
それしかない

地面に物を置くって手段もあるがそんなことしたら見知らぬ奴にパクられっちまうw
そうなっても文句はいえない
だから皆トレードをする

何を売ってるか分からないって?
それを解決するために自分のペットモンスターに名前を自由につけてフィールドに置く事ができる
ペットを看板代わりにするわけだ

商売はトレードのみだから売れ筋を取り扱えば自分の前には長蛇の列ができあがる
一人一人の客と会話をして
時にまとめ買いする奴におまけしてあげたり
お得意さんには割引してみたり
自分が買う側になった時は安くしてもらえないか交渉してみたり
物はどんな性能かトレードで下見させてもらうまで分からないから
長蛇の列に並んだ挙句目ぼしい物は先の客に買われちまったなんてこともある

だけど
そんな馬鹿みたいに面倒な商売方法しかないからこそ人と人とのコミュニケーションが生まれる
FF11の競売やEQ2のブローカーじゃ物を買ってくれる人の喜ぶ声なんて聞こえやしない
だけど直接会話して取引すれば生の声が聞ける

物を作るには1キャラじゃかなり辛くて町で材料を売ってる人を探す
知り合いに頼む、別アカウントで採取専用キャラを作るなんてことをしねーと辛かった
せっかく作っても性能にばらつきがあるから駄作ばっかできて全部店売りなんてこともあった
良品を少しずつ金庫にためて、そろそろ商売にいってみるか!って思ったら人が集まる場所で看板立てて商売をする。

コレが楽しい!
マジでめんどくせーし、ホント便利さの欠片もない商売方法だと思う
買い物なんてサクっと終わらせたい、物を売るのも遊んでる間に勝手にやってくれるほうがいい
っていう奴には絶対オススメできない

けれど、何度でも言うがコレが良い!
ジョジョ風に言うとディ・モールト良しッ!!
最高に生活感溢れる商売だとは思わないか?!

時にギルドメンバーやフレンド達とバザー(システムのではなく、フリーマーケットみたいなイメージ)を開いてみたりして
事前に念入りに準備をしてスタート!&どっと押し寄せる客客客!
あれは他のMMORPGじゃ経験できないと思う
一種のお祭りといっても過言ではない

FF11で特定の箇所に集まってバザーをやった奴なんていただろうか?
あるわけがない、必要ないから


クロスゲートには便利な流通システムが無かった
だからこそ生まれた独特の商業文化があった
もし、クロスゲートに競売があったら、バザーがあったら
あの素晴らしい商業文化は生まれなかっただろう


最後に、クロスゲートはこと商売においては最高だと思うが
FF11と同じく時間があまり取れない人には何ともやり辛い部分は多々含んでいると思う。
今の俺には正直シンドイ。
FF11のような競売の方が楽でいいと思うかもしれない。
採取は放置してればいいが、商売となるとバザーのように勝手に買っていってくれるわけじゃないから放置するわけにはいかない
けれど常に客が来るわけじゃない
1時間看板出して自分が用意していた物の半分も売れないなんてこともある
その逆も然りで、一気に長蛇の列ができあがってすぐに完売ってこともある
それもまた一つの味だし、俺はそれも楽しんでいた。


未だにクロスゲート以上に商売が楽しいゲームには出会っていない

投稿者 zero : 00:06 | コメント (74) | トラックバック

2005年10月19日

忘れてた!

すっかり党に所属するのを忘れていた、タハー
通常プレイでいろいろ変更点を感じてみるとするかな
トーナメントの方は誰かのBlogで感想を見てみることにしよう。

投稿者 zero : 22:04 | コメント (319) | トラックバック

2005年10月16日

初タイトル!

WCCFでは一定時間毎に試合がある(大体チームマネジメント~試合までで10分)
で、リーグ戦2試合→各種大会→リーグ戦2試合みたいな感じで進んでいくんだけど
初めてたくさんある大会のうちの一つで優勝したんすよ!
賞金とか監督評価もぐっと上がるしヒャッホイでした!

まぁ引いたカードはしょぼかったんですがね・・・
でもU-25チームは安定してきた!
やはり大事なのは守備ってことなのかなぁ
FWにタレントを揃えているし、中盤で奪って前に送って一気にブッちぎる!
サイドチェンジで相手をふったあとに中に入れて決めるパターンも良いんだけどね~
まだまだ楽しめそうだ

投稿者 zero : 20:43 | コメント (49) | トラックバック

2005年10月14日

2次クローズβ当選

したのはいいんだが・・・
結党の方がなぁ、どの党に入ったものか
自分で党を作って頑張る程の時間に余裕はないし適当に入ろうかと思うのだが
どこにはいったもんか・・・悩むな~

投稿者 zero : 21:33 | コメント (67) | トラックバック

2005年10月11日

TALES OF THE ABYSS

発売まで後2ヶ月くらいに迫ってきたわけだが
テイルズオブジアビスの公式サイトにプロモーションムービーがアップされてたんで見てみた

やっぱ藤島康介の描くキャラは良いね!
戦闘シーンもシンフォニアみたく半端にどこでもってんじゃなくて
ほぼスターオーシャンのそれに近くなった印象


ただ、それによって難易度が上がるんだろうなぁという気はする
SO2とか気を抜くとあっさり全滅する敵とかいたからなぁ
あのゲームはとにかくミカエルの印象しか残ってないね!

「骨まで焦がしてやるぜ!」
「スピキューーーーーーーーーーーーーーーーール!」
「燃え尽きちまいな!」

等など熱くて強い奴だった・・・
今でも忘れられないスピキュール連発で何もできずに終わった奴との初対戦
何度やり直したか思い出せねぇ


っと、話が脱線
ジアビスだけどグラフィックは見た感じシンフォニアみたいなのの方が良かったんじゃね?って気はしなくもない
レジェンディアはイラストレーターが藤島康介さんでもいのまたむつみさんでも無かったんで俺的興味0だったからやってないんよね

キャラは公開されてる中じゃティアがいいなぁ~
人形のトクナガも気になるが・・・


何にせよローグギャラクシーと並んでほぼ確実に年末買うゲームの一つだね!

投稿者 zero : 15:59 | コメント (66) | トラックバック

2005年10月10日

U-25

めでたく1枚目のカードの任期が終わり2枚目突入

えぇWCCFのお話ですよ、もちろん!


と、いうわけで、1枚目は綺羅黒5枚までという制限でやっていたので
次は・・・

制限無しでやるほど綺羅も貯まっていないわけで
むしろ制限される楽しさを味わってしまったので
今度は25歳以下&綺羅黒5枚まで!
なんて勝手に自分で制限を設けてプレイすることに

しっかし、これがまた何を使おうか悩みに悩むわけですよ・・・
前チームはゲームメーカーとして綺羅デコがいて
ボランチは脅威のパワーとディフェンス力、そして尽きる事無いスタミナを誇るビエラがいたおかげで
攻撃的なフォーメーションを組めたわけで
U-25で自分の持ってるカードを見渡してもビエラに匹敵するようなボランチは皆無!

なのでボランチが2or3は必要になってくるわけですよ
でも、そうすると攻撃が薄くなるんだよねぇ・・・

若い選手はどいつもこいつもスピードはあるがパワーが無い奴が多い
前チームもスピード重視だったし今度はちょっと変えたいなぁと思い
3-3-1-3みたいな感じのフォーメーションで試してみたところ
これがさっぱり機能しなかった・・・
中盤は3ボランチがガンガン取ってはくれるものの
サイドを使われるとあっさり中にいれられてEND

やっぱ4バックにするべきなんだろうか

U-25でプレイ中にアリエン・ロッベンとスティーブン・ジェラードが出たんで
その二人を上手い事入れてみるかなぁ

今のところ考えているのが
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓16 レジェス
┃⑨┃◇┗━⑪━┛◇┃◇┃15 マルティンス
┃◇┃◇◇◇◇◇◇◇┃◇┃14 デ・ロッシ
┃◇┗━━━━━━━⑩◇┃13 カンビアッソ
┃◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃12 アレックス
┃◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆┃
┃◆◆⑧◆◆◆◆◆◆◆◆┃11 アドリアーノ
┃◆◆◆◆◆◆◆◆⑦◆◆┃10 アラン・スミス
┣━━━━━━━━━━━┫09 エトー
┃◆◆◆◆◆⑥◆◆◆◆◆┃08 ロッベン
┃◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆┃07 シャビ・アロンソ
┃◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃06 ジェラード
┃◇②◇◇③◇④◇◇⑤◇┃05 コロッチーニ
┃◇┏━━━━━━━┓◇┃04 トゥーレ
┃◇┃◇◇◇◇◇◇◇┃◇┃03 ジョン・テリー
┃◇┃◇┏━━━┓◇┃◇┃02 ヘイティンガ
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛01 ゴメス

また攻撃的になったわけですが(笑)
サイド攻撃を捨てて4-3-2-1っていうやり方も無いわけじゃないが
それじゃ楽しくなさそうなんだよね~
あまり体力無い連中なんで交代でいろんな形も試しつつ
U-25で頑張ってみよう!

っつーか、若い選手の方がパワーもスタミナも無いってどういうことなんでしょうね・・・州;´_ゝ`州

俺が選んだ選手がこれからのサッカー界を背負っていってくれると嬉しいなぁ
ホントはロナウジーニョとかカカーが欲しかったんだけどね!
トレードとか今度やってみようかな・・・

投稿者 zero : 18:35 | コメント (26) | トラックバック

2005年10月09日

ああああああああああああああああああああああ!

BLOOD+録画すんの忘れてた・・・
誰か録画してねぇかな・・・?
mpgファイルでもDVDなりCDなりに焼くんでもいいんだが
誰か俺に1話の映像を!
プリーズ!

投稿者 zero : 01:49 | コメント (24) | トラックバック

シルクロードオンライン~その2~

ちまちまプレイしている
現在LV11
ソロでもまだ特に辛いということはない
ただPTを組むと経験値ボーナスがあるそうで
よく「ソロPT募集~」なんて物凄い矛盾した募集があるんだが
これは要はPTは組むけど皆バラバラにやるってことなのかなぁ?

よくわからんとです


後、ふらふら戦闘こなしてたら
チャンピオンよりも更にでかくて強いジャイアントクラスの敵がいた
名前は一緒なんだけど、大きさとHPが段違いっぽい
残念ながら俺はトライすることはできなかったんだけど(してたら死んでた)
FF11でいうNMっぽいのも用意してくれてるんだなぁと思った

まぁちまちまやってみますよ!

投稿者 zero : 01:36 | コメント (16) | トラックバック

2005年10月07日

シルクロードオンライン

実はこっそり当選していた『コレ
前日に当選メールが来たわけだが・・・

どんなもんかと試しにやってみたんだが
気がついたらLV8になっていた(ってもそこまで行くのはすぐ)
そこそこの人数がいる割には比較的軽い方だと思う
グラフィックは綺麗な分類
キャラクターはカスタマイズ要素少ないが微妙だが・・・

SRO[2005-10-07-00-17-44]_66.jpg

こんなキャラで始めてみた。
髪の色が気に入らないし、眼帯もいらんのだが他が微妙すぎて・・・
唯一槍があることだけが救いか


んでまぁざっとプレイしてみたんだが
最初はおつかいをいろいろさせられてゲームになれてくださいって感じでありがちな展開
町の大きさはそれほど大きくもなく小さくもなくって感じかな
FFやベルアイルと比べると大分小さいが
ROのプロンテラ(あってる?)くらいかね?イメージ的には
町の東西南に出口がある感じで
建物内部ってのがないからそれほど広くは感じないかも

そういえばログイン以外でローディング画面なかったな
ん~・・・そう考えると結構すごいかも
ベルアイルで広いマップっつーと砂漠か?
あれくらいの広さの中に町とフィールドが同居してる感じ
(もうちょい広いかも?)
FFでいうと東アルテパのど真ん中に町がある感じかなぁ

まぁとにかく広いっつーこと

で、戦闘の方はクリックゲーの王道で
自動攻撃しかけて適当にスキル使うスタイル
ただ序盤から毒とかやってくるのいるからある程度の備えはもっておく必要ありだね
ノンアクの敵ばっかりかと思いきや15~20匹に一匹くらいの割合でHPと攻撃力が少しだけ強化されたチャンピオンの称号ついた敵が出てきて
そいつはアクティブだから油断してるとヤバイぞ、と
ま、無理しなければ十分振り切れるし問題はないが

ステータスの成長はLVアップ毎に自動的に力&知力に+1ふられてボーナス3ポイントをどちらでも好きにふるんだけど
二つしかないからどちらかに特化かバランスか、まぁあまり差は出ないんだが
出るとすれば別途戦闘をこなしていると手に入るスキルポイントをどのスキルに振り分けるかってところかな~
武器系統3種、魔法系統4種あって、その中に更に数種スキルがあって各スキルにはLVがある
全てにポイントふってもいいし、何かに特化してもいい
ま、全てにポイントふったってほとんど意味はなさそうだが・・・


このゲームで他のゲームにない一番の特徴があるとすれば
闘神モードの存在だろうな

戦闘をこなしていると徐々に闘神が貯まっていってゲージ一杯まで貯まった時に
Tabキーを押すと・・・


SRO[2005-10-07-00-36-55]_77.jpg

こうなる(笑)
闘神モードになると攻撃力、移動速度などがめちゃくちゃ強化される
時間は数十秒程度しかもたないけどその間ガンガン敵をなぎ払えるから面白い!
闘神モードを利用して普段では苦戦する敵もサクサクやれたりするのがいいね

後比較的安価で馬をLV10くらいから召喚できるようで
馬は死ぬor降りるといなくなるみたいなんだが
HP回復用の餌なんかもあるし、移動速度段違いだしシルクロードの冒険にはかかせないかもな
乗り物用と輸送用とあるから長旅だったり行商には輸送用を使ったりするのかも?

今のところ戦闘、露店、クエスト以外やることないけど、とりあえずテスト期間楽しんでみようと思う。

投稿者 zero : 01:25 | コメント (48) | トラックバック

来年のDSが熱い

NintendoDS用ソフトの発売予定リスト

ざっと見た中だと
逆転裁判4
聖剣伝説DS チルドレン オブ マナ
は確実に買うだろうな~

そして何をおいてもこれ!
ファイナルファンタジーIII
こいつは買うしかないっしょ!
しかもFF史上初の完全リメイクと来たもんだ
FF1,2みたいなのではなく
FF4,5,6のようにムービー追加しただけとかじゃなくて

完全リメイク3D化!

ストーリーは大きくはいじらず追加要素ちらほら程度だろう
システム面をどの程度いじるか、だなぁ
ジョブシステムの成長させかたを変えたりとか
戦闘システムにRTBを導入するかとかその辺かねぇ
他にもDSならではの要素を取り込んで欲しいところだが
何にせよ期待大!

投稿者 zero : 00:09 | コメント (2) | トラックバック

2005年10月06日

何時の間に?!

アカギ

知る人ぞ知る麻雀漫画
なんつーかもー無茶苦茶なんですが
ありえなさっぷりが面白い
カイジと違って主人公のアカギは自信に満ち溢れた漢です。

アゴ尖ってるけどな州´ー`州


っつーか何なのこのキャスト・・・

アカギ  : 萩原聖人
南郷   : 小山力也
安岡   : 玄田哲章
竜崎   : 中田浩二
矢木   : 高木渉
市川   : 田中秀幸
浦部   : 風間杜夫
ナレーション : 古谷徹

とりあえず主人公アカギが萩原聖人って何?!
俳優廃業して声優で再起計るのかね
で、風間杜夫は間違いなく麻雀好きだからキャスティングされたんだろうなw

今度見てみよっかなぁ、声優さんはベテランばかりだな

投稿者 zero : 00:53 | コメント (19) | トラックバック

2005年10月05日

エンタ!検定

というわけで
日経エンタテインメントが提供しているエンタ検定なるものをやってみた

100問とか正直しんどかったんだが頑張った
良くやった俺

で、結果は・・・

+++ 第1回 エンタ!検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は70点  全国平均 60点
全国順位(10月5日 21時現在)
3388位(21086人中)
--ジャンル別得点表 ---------------
    0_________10_________20点
映画 ■■■■■■■■■■■■■■■■■
テレビ■■■■■■■■■■■■
音楽 ■■■■■■■■■■■■■
書籍 ■■■■■■■■■■■■■■
芸能 ■■■■■■■■■■■■■■
-------------------------

--講評---------------------
あなたは「エンタの玄人」
あなたは忙しい仕事や勉学のかたわら、世間の流行情報チェックを怠らない努力家に違いありません。すべてのジャンルにおいて偏りなく平均的に知っています。仲間内ではすべての会話についていけるムードメーカーとして活躍できるでしょう。次は1つのジャンルを深めてみてはいかがでしょうか。解答の傾向としては、特に「海外」「雑学」ネタに詳しいですね。
-------------------------
エンタ検定実施中!
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/kentei/


まぁこんなもんだろうな~
ニュースサイトとか見てればそれなりに情報も入ってくるし

っつーかTV局だの出版社だのの位置なんぞ知るかい!
マジでエンターテイメントに分類される知識幅広く知らないと100点とか無理だなこりゃ
皆は何点くらい取れるのかね~、ちょっと気になる

投稿者 zero : 21:14 | コメント (126) | トラックバック

あずまんが大王

っていう漫画がありまして
既に完結していて、アニメも暫く前に放送されていたんですが
最初に知ったのはたしか・・・凛に教えてもらったんだと思うんだけど
まぁハマったわけですよ

で、ネットをふらふら徘徊してたら
あずまんが大王のアニメOPをFlashで再現したサイトがあって
正直ビビった

いろんなFlash作品に出会ってきたけど
再現性でここまで秀逸なのは中々無い
一度ご覧あれ

投稿者 zero : 01:51 | コメント (11) | トラックバック

2005年10月04日

SEED DESTINY

いくつか批評しているBlogを見てみた
大体書いてある内容は今作は酷いの一言で片付けられる感じ
スタッフですら脚本家批判してるし・・・

で、そんな中DVDの最終巻に40分くらい話付け足すなんて情報も出回る始末
40分ってあんた2話分の放送じゃねぇか!
総集編やってないでちゃんとTVで流せよ!
ガンダムの生みの親である富野氏やアムロの声優でもある古谷氏も
SEEDに関しては最低だと思っているようで
本当に救いようのない作品だったんだなと思う次第

次にガンダムの作品を作るときはまともな脚本家用意して欲しいね

投稿者 zero : 02:04 | コメント (34) | トラックバック

2005年10月03日

世界最高のGK

今世界で最高のゴールキーパーは誰かと問われれば
オリバー・カーンとかジャンルイジ・ブッフォンあたりの名前が上がるんだろう

で、友達との待ち合わせ時間まで時間があったので例によってWCCFをやっていたわけですが
ちょいと土曜日はかなり引きが強かった


俺がやってるのをみつけて凛が来た直後のカードで

ジャンルイジ・ブッフォン』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

一応バルサのGK「ビクトル・バルデス」は持ってはいたものの
ブッフォンと比べると圧倒的に能力が違うわけですよ

で、その後も残ったクレジットでプレイしていたらPもやってきて
来た直後にカード引いたら

綺羅『ジダ』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


友達と一緒にやると引きがいい気がするのは気のせいだろうか・・・
前に同期が隣にいた時も良かったしなぁ


さて・・・ここでまたもや悩むわけですよ州;´_ゝ`州
せっかく引いた綺羅を使わないってのはもったいないけど
やっぱりブッフォンの方が・・・・
あぁ・・・でも綺羅が・・・
それにバルサを目指す者としてはバルデスを外していいのか?!
能力厨よりもコンセプトじゃないのか?!

なんて感じでもうドウシヨーって感じなわけっすよ
まぁじっくり考えるとすっかねー、仕事中に(ぉ


ちなみに今持ってる綺羅カードは
デコ
パベル・ネドベド
・サミュエル・エトー
ジダ
って感じ
あ、ちなみにリンク先は『サッカー名選手館』というサイト
昔の選手から最近活躍している選手までたくさんの選手が紹介されているのでオススメ!

今やってるチャンピオンズリーグの公式サイトの選手紹介もなかなかいいね

WCCFやるためのカードって基本100試合で有効期限きれるんだけど(成績良いと最大150くらいまで増えるらしい)
4分3くらい試合消化したとこで綺羅が4枚に黒白がそれぞれ同数(30~40くらい)だから結構引きは強い方なんだろうか?
エトーとかオークションで2000円くらいするし(笑)
MVPロナウジーニョは2万こえるが・・・

そろそろ自力でバルサ目指すのは辛くなってきたし今の監督カード切れたらトレードでバルサ選手集めたいなぁ~
プジョルとかディフェンスの選手が欲しいぜ

投稿者 zero : 00:39 | コメント (12) | トラックバック

2005年10月02日

FF7ACとガンダムSEED DESTINY

遅まきながら『FINAL FANTASY Ⅶ ADVENT CHILDREN』を見た。

見るまでは正直あまり期待してはいなかったけど
実際見てみると非常に良い作品だった。

FF7は好きな作品なのでFF10-2がひどかっただけに続編というか
話の続きを描くのは如何なものかと思っていたのだけど
想像以上の出来で見入ってしまったね!

本当に映画を見ているようで描かれる世界になんら違和感はなく
流れる音楽もFF7で流れたもののアレンジでとても良かった
戦闘シーンとかめちゃくちゃカッコイイんだけど
惜しむらくはスピード感ありすぎて見る人がついていけない(笑)
迫力を求めるとああなってしまうのかもしれないけど、難しいところだなぁ
スピード感なくなると退屈になるしねぇ

出てくるキャラとしてはやっぱヴィンセントとティファがいいね~
タークスのレノとルードもいい味出してたし
もち、クラウド&セフィロスもカッコよかった!

ストーリーの流れは一言で言えば
クラウドの『救い』という感じかな
いろんな人が彼に手を差し伸べてくれて
最初はそれを掴む事ができないんだけど
最後はいろんな人に支えられつつも自分で作り上げた罪の意識から解き放たれていく
分かり易くて良いストーリーだった(FF7やったことあったから)
FF7やったことある人は是非見てもらいたいねー
やったこと無い人はこれを見てFF7をやってもらいたい!(FF7やってから見るほうがいいかもしれんがw)

そしてガンダムの話・・・
土曜日最終回で録画していたのを見たんだが・・・

一応土曜日の夜に行ったFancyCatの子からある程度簡単に話は聞いていたんだが、実演付で(笑)
いやー、簡単に聞いた程度の内容しかなくてびっくりしちゃった

見終わって

・・・・・・・は?(゜Д゜)

って感じ


何っつーか適当にどうとでも取れそうな台詞でとりあえず流しときゃいいんじゃね?
みたいな話で無理矢理終わらせた感がヒシヒシ伝わってきました。
全体的に酷すぎて良い所を探す方が難しい。
議長の台詞は繰り返しか「馬鹿な!」みたいなチープな発言に終始するし
そもそもキラとレイの会話とかちょっと無理あるだろ!
シンとかもう酷い扱いだしさ・・・

っつーか収拾つけられねぇなら最初からやんなっつーのな
見切り発車で脚本書き始めたら終わらせられなくなりましたって
あまりに酷いでしょ

SEEDでやめときゃ良かったのに・・・
帰宅そうそうテンションダウンだわ、マジで州;´_ゝ`州


まぁなんだ、FFⅦの方を褒めちぎってみたわけですが
俺みたいにFFシリーズファンとしちゃ~満足できたわけですが
ほんっとーに全くFFⅦ知らない人にはさっぱりなんだろうな(笑)
FFⅦのストーリー覚えていて初めてあの少ない台詞の意味が分かる気がする。
あんまし会話シーン無いからな~
クオリティは高いがファンディスクの領域は突破できていないっつー感じかね

投稿者 zero : 18:18 | コメント (101) | トラックバック

2005年10月01日

距離感

SigmaのところでMMORPGにおける距離感の話が出ていた
正確にはベルアイルにおける国家間の距離だが

これって人によってかなり違うよなぁと思う
俺個人としては三国間の距離はあんなもので良い
ベルアイルの問題点は通過エリアで全てが完結していたことだろう(ダンジョンは除く)
FFで言うと本当に初期の追加マップ何もない状態から更にザルカバードなどを無くした感じ
ダンジョンも3つしか無かったしな
βだししょうがないと言えばそうだけど、それでは飽きてしまうよな

それを解消するにはSigmaが指摘しているように辺境エリアのようなものの実装や
ダンジョンの種類の増加が必要なんだろうけど
それはそれで別の問題を生みそうではあるね
行く事の困難さから敬遠されて過疎化とかさ

それの解消のためにFFでは移動時間の短縮手段を多数用意したわけだけど・・・
俺は全面的に賛成ってわけでもなかったなぁ


FF11の初期段階における話を持ち出すと
例えばバストゥークからサンドリアまで行こうと思うと
ある程度LVがないとチョコボの利用はできないので選択肢は徒歩以外にないわけだ
(テレポとかはとりあえずおいといて)
FF11で徒歩で他の国にいくっていうとそれこそ大冒険だったけど
わき目もふらず走り続ければ、慣れもあるけど敵に出くわさなければ大体40分くらいでいけるのかな?
当時すんごい大冒険だったし、ベースを徒歩にして考えると適切な距離感だった
移動魔法(OPテレポも含む)やチョコボなどを使えばまた時間は大幅に短縮されて10分もかからないくらいにもなるか

FFではとにかく移動時間を短縮するためにあらゆる追加がなされてきたように思う
テレポイントでのチョコボ屋や辺境区域でのチョコボ
各種テレポやエスケプ、デジョン2、OPテレポ等々
チョコボの三国における下限LV引き下げもその一環だろうし
確かに非常に便利である
世界中のどこでも1時間かからずにたどりつけるんじゃないだろうか
いろんな狩場に行き易くすることで人の分散・混雑の解消を狙っていたわけだ

ただ、移動時間の短縮に関しては今でも俺の心に残っている言葉がある
FFをやっているころに砂漠をチョコボでかっ飛ばしていた時だったと思う

「辺境チョコボとかのおかげで便利になったけど、世界は狭くなったよね

それを聞いて以来、便利になるのも考え物だなと思うようになった
確かに移動が楽になるのは良い
移動だけで何時間もかかったらたまらないしな
でも、移動ですら大変だからこその冒険なんじゃないかなと
そう思うわけですよ


あぁ、なんか話がそれたけど
俺はベルアイルは別マップやダンジョン追加すればあのままでいいかなって思うよ
後ぶっちゃけボールシップ無い方が面白かったな
便利だけど、無い方が行商とか来てると盛り上がった気がする。
他国でしか生産されて無い装備を売りに来てくれて衝動買いをしたあの頃!
あの感じがベストなんじゃなかろうか
簡単に国と国を行き来できてしまうと味気ないと思いませんかね?

投稿者 zero : 08:13 | コメント (462) | トラックバック