« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月30日

X-meetingオープニングムービー

池田秀一さんがナレーションをしているオープニングムービーが公開されているんで必見!

やっぱこの人の声は良いね~
上に立つ者の声だ


つーかね・・・
4Gamerの記事に、X-meetingのコメントが(笑)

後、公式HPの暁のアルティスタってコンテンツにたくさんイラストあって上手い人多くて見てて楽しい
早く2次β始まらないかなぁ


あれですよ、ヨーグルティング落ちたっぽいのでネトゲ離れはまだ続きそうだ
スパロボやっかな!

投稿者 zero : 08:00 | コメント (24) | トラックバック

2005年08月27日

X-meeting

参加してきました!

どんなものだったかについてはコチラ

面白かったというか、いろんな発表にドキドキワクワクって感じで
すごく楽しかった!


まず最初にPrimeroの内容をまとめたムービーが流れた。
その中ではゲーム内の世界観に沿ったPrimeroが組まれることになった流れと
実際テスター達が活動した内容がナレーターが隊長という設定の下語られたんだけど・・・

あれ・・・?ナレーターの声どっかで聞いたことあるなぁ、まさか・・・
って思っていたら最後のクレジットのところで

ナレーター:池田秀一


俺の心のヴォイス「シャアかよ!!!!」


そんな感じで始まったX-meeting
Primero参加者の様々な統計データ(どのクラスが多かったかとか、構成、ログイン時間など)
テスターのログイン率100%はさすがだなぁと思った

その後キム・ヨンマン氏、キム・ハッキュ氏の挨拶があり
特別ゲスト小林智美氏と久保田修氏がグラナド・エスパダのための作品を披露してくれたんだが・・・

久保田さんの音楽に心底惚れこんでしまった!
マジでイイ!
特にTemtationがすごく気に入った!
他の2曲も良かったけど、ゲーム内でこんなにすごい音楽が流れるのかと思うとドキドキするね~

そして俺の大好きな小林智美さんが描いた既存キャラの絵なんだけど
マスケッティア男とスカウト女がマジで良かったわ~
早く小林智美オリジナルのキャラ絵も見てみたいね!

そしてその後受賞者の表彰があったわけですが~

自分「Best Naming賞」受賞してました(照)


Primeroの名付け親ってことで表彰され、キム・ハッキュ氏、小林智美氏、久保田修氏のサインと
こんなものを頂いてしまいました!

HUEの皆さんありがとおおおおおおおおおおおお!

俺の狭い部屋のどこに置くべきか思案中(笑)

俺を含め絵の部門とテスター部門で合計12名程の人が壇上で表彰されました。
司会の方に名前はどうやって決めたんですか?って聞かれたんで

「ゲームの雰囲気にスペイン語とか合いそうだなぁと思って、グーグルで見つけました。」

と言ったら、会場からちょっと笑いが漏れたんで俺的には大満足(笑)
一番俺の心にガッときた単語で応募したからそれがこうやって表彰されたのは素直に嬉しい!


最後にキム・ハッキュ氏への質問と平田さんによる今後の展開の話があって
次のクローズβテストでは党(ギルドみたいなもん)VS党の戦闘テストを行うとのこと
追加募集もあるみたいなんで興味ある人は応募して欲しい!

おまけでちらっと見せてくれた映像
グラフィックがレベル5が作るゲームのような感じ(ドラクエ8とかダーククロニクルみたいな)で
俺的には良い感じだったね!
今現在のタイプとああいうセル画風なのと切り替えられたらステキだなぁ


なるべく簡単に書いたつもりなんだがそれでも量多くなったな・・・
本当に充実した2時間だったので、またこういう機会あるといいな~

投稿者 zero : 22:58 | コメント (25) | トラックバック

2005年08月26日

フォーチュンクエスト

ロードス島戦記が王道ならば
フォーチュンクエストは・・・癒し系?かなw

友達借りて読んでがっつりはまってしまって
リプレイ以外は全部読んでると思う


フォーチュンクエストは読んでると
何ていうか・・・親っつーか保護者?になったような気分になるんだよな(笑)

新米ばかりの冒険者パーティが繰り広げる冒険は
頼りなくて、でも新米だからこそ味わうドキドキがあって
一人でできないことを皆で協力して乗り越えてく
そんな物語なんだよね~

出てくるキャラクターも皆個性的かつ魅力的で
主人公はパステルっていう普通の女の子のイメージのまんまというか
方向音痴の詩人兼マッパーで
詩人といってもそれらしい才能は小説を書くことだけと
なんだか適正から大きく外れている気がする、どじな女の子

そんなパステルと家族同然のパーティを組むのが
高名な聖騎士の子孫で、竹アーマーを装備した優しいファイターのクレイ
シーフオブシーフともいうべき、腕は確かだけどギャンブル好きで短期なシーフのトラップ
特定の分野にのみ造詣の深くて、どこか抜けてる職業農夫のキットン
動物と話ができる、心優しい巨人族のノル
エルフの子供で時々すごい魔法を使う(普段は失敗ばかり)魔法使いのルーミィ
そして俺の大好きなホワイトドラゴンのシロちゃん!

いやーマジで可愛いんですよシロちゃん
読めば分かるんだけど、見た目は白い子犬そのもので
でもおっきくなれたり火を吹いたりできるんだけどあんまり上手くない
いつもは犬のフリしてるから口癖は「ワンでし!」


読み終わるといつもほんわかした気分になれる
これ読んでた頃は小説の中のキャラクターと俺の歳同じくらいだったし
いろいろ心情的に共感できる部分もあったり
小説の中の時間の進み方は早いわけじゃないけど巻数はかなり多い
外伝なんかもあわせると20冊前後あるのかな

ハードな話ではないので、読んだ事無い人は読んで見てほしいなぁ

投稿者 zero : 01:19 | コメント (11) | トラックバック

2005年08月25日

ロードス島戦記

読んだ事ある人はたくさんいると思う。

非常に長い長い物語

パーンという、一人の青年が多く人と出会い、別れ
様々な冒険、戦いを通して【ロードスの騎士】と称されるようになる十数年に渡る歳月を描いた物語


これを読んだ時は本当に感動した。

巻数が決して多いというわけではないので
俺が初めて読んだ時にはロードス島戦記は完結していたから一気に読みきることができた。

多くの人がそうであるように、ロードス島戦記における重要キャラクターであるディードリットがすごい好きだった。
きっと、エルフ=ディードリットってイメージをこれを読んで植えつけられた人は多いだろうし
ロードス島を知らない人がエルフの姿を思い浮かべれば
ほとんどの場合それはディードと同じ姿だろう

ハイエルフという長命で変化を嫌う種族でありながら
それとは違う生き方を選んだものの
いつもパーンの傍にいることを望んだ彼女はやはりハイエルフであり
だけどある種とても人間らしいなぁなんて思った。

変化を求めながら、安住の場所に在りたいと望む姿は
とても人間らしい

後、傭兵王カシューも好きだった
カッコイイ親父好きがここらにも出てるわけだがw

もちろん主人公パーンも良い!
最初は頼りなかったパーンが徐々に成長していく姿は読んでいてワクワクした
最後まで読みきって、また最初の方の巻を読んで、この頃のパーンはまだ青いなぁなんて思ったりして

それからパーンのライバル・・・と呼ぶには俺としてはちょっと抵抗があるんだが(土俵が違うからね)
アシュラムも良かった
ロードス島戦記関連の小説で『黒衣の騎士』ってのがあるんだが
あくまで何者にも囚われない自由騎士であることを選んだパーンと違い
彼はベルドの遺志を継いで王であることを選んだ
その姿にパーンとは違った魅力を感じた
それとパーンの傍にはディードがいるように彼の傍にはピロテースというダークエルフがいたんだけど
彼女もまたクリスタニアに渡って以降神と戦い続けるアシュラムをずっと待ち続けているその姿がステキだった

他にもたくさんステキなキャラクターはいるんだが
それは実際読んでみてくださいってことで
読んだ事無い人は是非!
通勤時間の暇つぶしでも何でもいいから読んで欲しいね

投稿者 zero : 00:38 | コメント (8) | トラックバック

2005年08月24日

ふぁんたじぃ小説

元々本を読むのは好きでガキの頃から結構読んでいた。

といっても、そんな難しいもんではなく
ぼくらシリーズ(ぼくらの七日間戦争とか)やズッコケ三人組、探偵浅見光彦シリーズ、司馬遼太郎の作品(坂の上の雲とか)等々
まぁとにかくジャンルにこだわらず家にあったものや学校の図書館で気になったのは読んでた気がする。

で、そんな俺が初めて出会ったファンタジー小説(ライトノベルと一括りにされているが)が
ドラクエの小説だった。

一番好きだったドラクエ3の小説を読んで完全にハマってしまった俺は
その後1,2,4と立て続けに読み漁った。
2が一番面白かったかな~、今じゃあんまり覚えていないけど
ゲームのドラクエと違ってそこには様々な人間模様も描かれていて、描写の仕方も上手かった

今思うとこの小説に出会ったことがこの後ドラクエに対して興味をもてなくなる原因だったのかもしれない
物語が大好きな俺としては、ゲームよりも小説の方が圧倒的に面白かったから


そして、ドラクエの小説にハマった俺(当時中学生)に友達が薦めてくれたのが

ロードス島戦記

当然のごとく、俺はロードス島戦記にガッツリ惹きこまれていった。

投稿者 zero : 00:52 | コメント (13) | トラックバック

2005年08月23日

やってみたい職業

お気に入りのアイツを求めて (相沢#17)

うーん、「GEにどんなクラス(職業)があって欲しいか」ってことなんだけど
個人的にはスカウトは回復と補助、アンデット系へのダメージを与えるとかのオーソドックスなプリースト系なのと
トラップや弓や短剣による攻撃なんかを駆使するシーフタイプに分けて欲しいかなぁと
スタンスで分けれるんだろうけど、単純に見た目に変化が欲しい(笑)


後はファイターが片手武器を片手で持つか盾を持つか二刀流か(まぁ細々とスタンスは他にもあるが)って感じだったから

両手武器(斧、槍、メイス、両手剣等)を扱う職業が欲しいなぁ
ただ俺が槍使いたいだけなんだけどねw

後はありきたりだけど詩人かなぁ
それから、スカウトに被ってしまう部分はあるけど、結界師みたいなのあるとオモロイかなぁ、何て
敵を捕縛したりある属性の魔法の効果を上げる結界を作り出したり
飛び道具無効にするのとか魔法を使えなくするとかいろいろあると思うんだよね

それと乗り物に乗れるタイプの戦士とか欲しいな敵陣突っ込んでいけるような


うーん、妄想は広がるばかりだぜ

投稿者 zero : 23:57 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月22日

便りは忘れた頃に

今頃になってTOEOの当選通知が来た

タイミング悪すぎだな

今回はめぐり合わせが悪かったということで華麗にスルーしようか
一応ちょっとだけプレイして(笑)

投稿者 zero : 20:52 | コメント (190) | トラックバック

2005年08月21日

カラオケで歌うのは・・・

普段だとラルクなりhideなりいろいろ歌うんだけど
昨日はスパロボ熱が上がっているせいか、勝手に自分の中でアニソン縛りで歌ったわけですよ(笑)
歌って思ったのは叫ぶのやらキーが高いのが多いね!マジで

あんまり喉酷使すると後が酷いので次回からは程々にしようと思った
いやまぁ、結局シャウトはするんだろうけどw

投稿者 zero : 23:08 | コメント (42) | トラックバック

2005年08月20日

心が荒んでくる

仕事とか忙しいとそうなっちゃうんだよね~

基本的に気持ちの切り替えは凄まじい程早いので
飲みに行ったりすればすぐストレスから解放される便利な性格を活かして
ここ一週間で鳥料理の飲み屋行って愚痴ってきたり、ビアガーデン行って後輩と戯れてきたり、FancyCatでメイドさんと談笑してきたり
そんな一週間を過ごしたわけですよ

とりあえず心の回復は見られたので後は体力の強化だな
夏休みは10月まで取れ無そうだから・・・
それを乗り切る体力をつけなければ!

投稿者 zero : 02:20 | コメント (89) | トラックバック

2005年08月19日

グランディア3~そろそろ終わり?~

戦闘はとっても面白い
グラフィックが綺麗なのは言うまでもなく
その他システム面も秀逸
ロード時間がほとんど気にならないし、RPGをやる上で結構気になりがちな移動速度も丁度いい感じだと思う
金にも困るってことはそんなにないし

ただ・・・
ストーリーがなぁ
開始7,8時間くらいまでは面白いんだが
その後がどうもストーリーの話が唐突過ぎる感じと
ヒロインの演技が過剰なところが気になってしまう

スクエニのゲームって本職の声優じゃなくて
俳優やらアイドルやらを使うことが多いんだけど
話題性はあっても演技が下手ってことが多いんだよなぁ
中には本当に上手い人もいるんだが、喋る機会が多いキャラの下手な演技は気になっちゃうよな~
やっぱ人選はきちんと演技で選んで欲しいもんだぜ

投稿者 zero : 01:40 | コメント (507) | トラックバック

2005年08月18日

うわぁ・・・

スペクトラルグローリーズ

4亀の記事

俺の古い知り合いなら分かってくれると思うが・・・
懲りない会社だな、あそこは

というのが素直な感想
ちなみに、やる予定は微塵もない

そうそう、ECOが明日からオープンβ開始だそうで
落ち着いたらやってみようかと思ってる。

投稿者 zero : 22:11 | コメント (64) | トラックバック

2005年08月17日

サルファ

第三次スーパーロボット大戦αの略らしい
何でもかんでも略して言うのは日本人特有のものらしい

21話くらいまで進めたんだけど、面白いね
でも、あまり登場作品が多すぎて全て使いきれなそう
第2次だとほぼ全部を使えたんだけど、今作は多すぎて
かなり絞っていかないとだめっぽいなぁ


実家にちょっと帰っていたんですが(っても家族は祖父母のところにいってたんだが)
狭い寮の部屋と違って快適だわw
ゲームもでかいTVでやると迫力が違うよな~

投稿者 zero : 07:16 | コメント (113) | トラックバック

2005年08月13日

ときめきメモリアルOnline

激しくネタではありますが応募したよ(笑)
とりあえず当選したらどんだけイタイゲームがレポートしたいと思います。

投稿者 zero : 03:14 | コメント (10) | トラックバック

2005年08月12日

ユーザーカンファレンス開催!

「グラナド・エスパダ X-meeting」開催のお知らせ

内容の方は

・クローズドβテスト「Primero」報告
・「Primero」“X-Tester“栄誉授賞式
・「暁のArtista」アートコンテスト授賞式
・特別ゲスト 小林 智美氏、久保田 修氏 登場
・キム・ハッキュ ユーザートークセッション 等

といった感じなんだが
授賞式って表彰状とか受賞者がもらったりするのかな?

個人的にはアートコンテストに応募された作品が気になるなぁ
後小林 智美さんが描いた絵とかあったりすると感激なんだが!
キム・ハッキュ氏に今後の展望なんかも聞けるといいなぁ

何にせよ楽しみだ!

投稿者 zero : 00:50 | コメント (193) | トラックバック

2005年08月11日

神武オンライン

ちょっとやってみたんだが
人多すぎて敵がわいてもすぐ殺される・・・
グラフィック的にも劣化ROって感じかねぇ
戦闘時と通常時で音楽は違うみたい

ま、そんなわけで狩場が空いた頃にやってみようかねぇ


エミルクロニクルオンラインもやってみたが
こっちはグラフィックが3DになっただけのROって感じ
3Dのくせして上下に視点が移動できないのはいかがなものか
見難いことこの上ない
キャラのモーションはスムーズに流れていいんだけどね


ってことで結局今日もグランディアⅢをプレイ
既にクリアした友人にとあるイベント(俺は既にそれを見ていてそのシーンはかなり感動した)を見たなら
後はやらんでいいと言われた(笑)
そうはいっても先が気になるのでまったりプレイ

第3次スパロボαもちょこちょこ進めてみたり
ガンダムSEED系のPS装甲は反則な気がする・・・
Wガンダム系が強化されてて使い勝手がいいのは嬉しいね

リアル系主人公でやってるんだけど
悪魔絵師金子一馬氏のデザインした機体はイカス
人によっては受つけないかもしれないが
ペルソナがそのままロボットになった感じで俺的にGood
ついつい「ペルソナァアアアアアアアアアアア!」って叫びたくなるねw

投稿者 zero : 01:00 | コメント (30) | トラックバック

2005年08月10日

渋い親父は良い

グランディアⅢのシュミットが良い感じだ
FF11のアーロンも好きだったが
どうもあの手の渋い親父キャラがえらいかっこよくて好きなんだよなー
別に親父趣味ってわけじゃないがw

女キャラでも最近は作品内で歳が上の方のキャラのが好きな傾向になりつつある気がするしなぁ
年取るにつれて若いキャラクターについていけなくなってるのか?!

投稿者 zero : 00:39 | コメント (42) | トラックバック

2005年08月09日

Primeroを振り返って

「Primero」を振り返って (河嶋#03)

テストが終わって2週間ほど経ったわけだけど
今振り返ってみるとPrimeroの期間はいろいろあって本当に腰を落ち着けてじっくりプレイする
という感じではできなかったのが悔やまれるところだ


ぶっちゃけ、プレイ中に一番びっくりしたのは震度5の地震だった気がする(笑)

冗談はさておき、やはりというか、要望は溢れんばかりにたくさん出たようだ
200~300人程度とはいえ短い期間に加え強い参加の意志を持った人がプレイしただけに
その内容の質も高かったんじゃないかと思う

たしかに量も必要ではあるが質が伴っていなければ意味が無い
質が高く量が多ければどうなのかというと
それだけゲームが様々な問題を抱えているということ
逆に言えばまだまだ改善できる点があるわけだ

それが改善されていった先にはきっと素晴らしいゲームができあがっていることだろう
その日が来るのを楽しみに待って・・・


ってそうじゃなくて、その日を迎えられるようにまたテスターとして参加して
質の高いレポートを出してゲームの向上に貢献したいね

投稿者 zero : 20:25 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月08日

グランディアⅢ~プレイ開始5時間くらい~

ミランダが(・∀・)イイ!!
マジで(・∀・)イイ!!
すごく(・∀・)イイ!!
でもすぐ仲間から外れそうで寂しい(;´Д⊂)

主人公ユウキはいいんだが
どうもヒロインのアルフィナが一人暴走気味な気がする
それにちょっと戸惑いつつも前向きなユウキがいい感じになってるってのもあるが

大人二人組のミランダ、アロンソがいい感じに抑えてくれていいね!
時に笑いも交えつつ今後の展開に期待!

つーか早く空飛びてぇ!

投稿者 zero : 23:12 | コメント (128) | トラックバック

2005年08月07日

クリアー!

ってことで第2次スーパーロボット大戦αクリア!
なるほどこういうストーリーだったのねーって感じ

やってて思った使える機体TOP5は
マジンカイザー
ビルドファルケン
FAZZガンダム
ボルテスⅤ
ウィングガンダムゼロカスタム
ってとこかなぁ
強力な全体攻撃があるのとMAP兵器持ちはすごい使える

マジンカイザーは育成、改造と強化パーツ次第じゃ一機で全てを倒せそうな気もするなぁ


さて、これで次はいよいよ第3次!
ではなくグランディアⅢだ!

やっぱ連続でSLGはキツイからな・・・

投稿者 zero : 23:08 | コメント (16) | トラックバック

2005年08月06日

グランディアⅢ

やはりスパロボだけというのは無理があったようで・・・
うっかりグランディアⅢを買ってしまい少しプレイしたんだが
相変わらず戦闘が面白いね!
グラフィックも綺麗な方で音楽も良い
まだ最初の方ではあるが適度に笑いも散りばめつつ楽しめるストーリー

だがこのゲームの本質は・・・




主人公のお母さんのミランダ最高!

いやマジで!
声をあてているのが若村麻由美さんなんだが
俺のイメージとしては『白い巨塔』財前五郎(唐沢寿明)の妻の財前杏子役が印象に残っていたんだが
グランディアⅢではマジでステキな母親!(親っつーより歳の離れた姉貴って感じがするが)

なんつーか俺の心にガッときたね!


第2次スパロボαが残すところ10話くらいなのでちゃちゃっと終わらせてグランディアⅢをやるぞー!


あ、ちなみに主人公は良くも悪くも王道系で
ヒロインがなぁ、キャラ的には悪くないんだが演技がちょっと下手かも
声が当たってるゲームは声優次第で随分評価が変わる(俺の中ではね)からなぁ
ある種声フェチ?なのかもしれん(笑)
どんなに綺麗な人やカッコイイ人でも声がダメだとウワァって思っちゃうんだよね~
浜崎あゆみとか歌声は嫌いじゃないが普段の声嫌いだしw
小倉優子とか殺意覚えるしな、キャラクターじゃなくて声に(ぉ
発音がハッキリしねぇのが嫌なのかも

投稿者 zero : 02:05 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月05日

気になるMMORPGその2

神武オンライン

Sigma青さんも注目してるこのゲーム
ROチックな気配がビンビンですが
比較的要求されるPCのスペックは高くなさそうだし
ちょっと気になるんだよな~

余裕があればオープンβでちょっと手を出してみようと思う。

玄白派のイメージイラストが俺好み!
やっぱ青はイイ!

用心棒システムってのは新しい試みだなぁと思った
知り合いや見知らぬ人に自分がゲームに繋いでいない間
自分のキャラが用心棒として雇われたりするそうだ

PやSigma辺りに雇われたら死ぬまでこき使われそうだな・・・州;´_ゝ`州

いや、俺が知り合いを雇ったらとりあえず自分はお茶でも飲みながら敵を倒させると思うが(笑)

投稿者 zero : 00:57 | コメント (257) | トラックバック

2005年08月03日

Final Fantasy 12

やっぱりこうなったか

FF12のプロデューサーが交代になった。
当初2005年春発売と言っていたものが2006年3月16日になったわけだけど
正直発表遅いんじゃねーのかなと

FF12の情報は俺が記憶する限りでは1年ぐらいほとんど情報が出ていなかったと思う
ぶっちゃけ2004年初頭から開発には元プロデューサーの松野氏は携わっていなかったんじゃないだろうか
(つーかこの点に関してはちょいと話を聞いた事があるんで間違いないと思う)
以前スクエニが出したFFTAの世界観をベースとしているために
ストーリーやムービー等様々なところで松野氏の判断が必要なってくるだろうから
思うように開発できなかったんだと思う

おそらく来年発売されるFF12は松野氏がプロデューサーとして健在であったならばできたものとは違うものになるんだろうな
きっと微かな違和感を含んだ作品になると思う

こうなってくると買うかどうかちょっと迷うんだよなー

投稿者 zero : 22:11 | コメント (5) | トラックバック

2005年08月02日

ちょっと気になるあのゲーム

学園オンラインRPG ヨーグルティング

すごい狙ってるグラフィックだけどとりあえず応募してみた。
運営がガンホーらしくその時点でEndな気もするけど

まぁいいか

GE、ベルアイルの続報待ちつついろいろなゲームを経験してみようと思う

投稿者 zero : 21:25 | コメント (23) | トラックバック

2005年08月01日

Epilogue

一人の騎士がそこにいた




世界中を駆け巡り

様々な出会いと別れを繰り返し

幾度もの危険を乗り越え

無数の魔物と戦い続け

時に身体を休め

また冒険へと繰り出す

そんな日々を繰り返した









旅の始まりから3年余り・・・


数え切れない思い出を残して

彼は始まりの場所へ帰ってきた


旅を始めた頃の彼は想像もしなかっただろう



彼の旅が始まったこの場所で

こうして旅を終える事を




ありがとう、ヴァナ・ディール

そして、さようなら




投稿者 zero : 20:46 | コメント (24) | トラックバック